Pride of Me 私たちが創る未来
SCROLL
The Pride of Hiroshima
  • JP
  • EN

一瞬で失われた命、家、街。
「負けるもんか、負けてたまるか」
残された人たちは懸命に毎日を生きた。

がれきを運ぶ人たち、水道や電気、
ガスを復旧する人たち、
路面電車を動かす人たちを見た。
自分にも何かできるはず。そう思い始めた。
「よし、お好み焼きを焼いて、
子供たちに食べさせよう」
それから長きにわたり、
その人はこの街でお好み焼きを焼き続けた。

70年間草木も生えないと言われた焦土に、
一輪の夾竹桃が咲いた。
それを見て、生きる希望を取り戻した。
隣の人を気づかい、
隣の人がそのまた隣の人を気づかう。
いつしか人々は笑顔を取り戻していた。

「カープが始まる時間だ」
観戦している間だけは苦労を忘れ、
大声で応援した。
見知らぬ隣の人と肩を叩き合い、
無邪気に喜ぶ。
「明日もがんばるか」

あれから70年あまり。
広島は120万都市にまで発展した。
美しい自然、多様な文化、世界とつながる産業。
先人たち、そして私たちが
こつこつと築き上げた新たな誇り、プライド。

小さなことでもいい。人のためになりたい。
隣の人を、隣の街を、隣の国を、
気づかっていきたい。

世界中に届け、広島のプライド。

Pride of Hiroshima展実行委員会

Lives, homes,
communities lost in a flash.
Those left desperately sought to survive one day at a time.
“We’ll never be defeated. No way we’re going to give up.”

We saw people carrying away debris, restoring water,
electricity and gas service, and operating streetcars.
Everyone started to wonder: “There must be something that I can do, too.”
“All right, I’ll make okonomiyaki for the children,” one man said.
From that day forward, he kept making okonomiyaki in the neighborhood.

In the scorched earth where nothing was supposed to grow for 70 years,
a single sweet-scented oleander bloomed.
When people saw that, it gave them hope to live again.
We showed concern for our neighbors and
our neighbors showed concern for their neighbors.
Little by little, we began to smile and laugh again.

“The Carp game is starting!” Rooting for the home team,
we forgot the day-to-day
hardship and cheered.
The thrill of each
win brought us closer.
We forgot our troubles
and found the courage
to press ahead tomorrow,
and the next day…

It’s been more than 70 years now. Hiroshima has grown into a city of 1.2 million.
Beautiful nature, cultural diversity, and industries connecting around the world.
This is the new pride that our forebears and we have worked hard to build.

Even if it’s just a little thing, we want to help others.
For our neighbor next door, communities and countries nearby,
we want to be there for them.

The pride of Hiroshima is an affirmation of our hope for peace around the world.

Pride of Hiroshima Exhibition Executive Committee

展示概要
概要
Pride of Hiroshima展
主催
Pride of Hiroshima常設展実行委員会
委員長:池田 晃治 副委員長:菖蒲田 清孝 / 松井 一實 事務局:マツダ株式会社
内容
G7広島サミットに合わせて開催された期間展示「Pride of Hiroshima 展」のコンセプトを継承した常設展。企業の視点で語られる広島の復興の物語を、新たな編集と演出でご覧いただきます。
This permanent exhibition continues the concept of the Pride of Hiroshima exhibition that was held for a limited time during the G7 Hiroshima Summit. We hope you’ll enjoy the story of Hiroshima’s recovery as told through the lens of local businesses, complete with new additions and visual elements.
開館時間
10:00 - 18:00
入場料
無料
休館日
月曜定休※ただし月曜日が祝休日の場合は開館その翌平日休館
会場
ひろしまゲートパーク内「シミントひろしま」2FC棟
Pride of Hiroshima展
会場の様子
復興に尽力した企業に残る約80年前からの資料をもとに、広島ゆかりのクリエイターの視点で再編集された常設展示。空間・映像・音楽の細部までこだわった新しい「Pride of Hiroshima展」を、ぜひ現地にてご体感ください。
Six rooms that explore Hiroshima’s path to recovery, its glittering present, and its dreams for the future
Based on materials from 80 years ago kept at companies that contributed greatly to the recovery of Hiroshima, this permanent exhibition was reworked to tell stories through the eyes of creators with connections to this city. With carefully crafted visuals and music in a meticulously planned space, we hope you’ll experience the new Pride of Hiroshima Exhibition, right here in Hiroshima.
MESSAGE
ご挨拶
参画企業の社員より
展示をつくるクリエイター
参画企業一覧
アンデルセングループ/(株)イズミ/オタフクソース(株)/大和重工(株)/(株)中国新聞社/中国電力(株)/(株)中電工/西川ゴム工業(株)/(株)ひろぎんホールディングス/広島ガス(株)/広島電鉄(株)/(株)広島東洋カープ/(株)フジタ/(株)フレスタホールディングス/マツダ(株)/(株)もみじ銀行
協賛企業
(株)ザイエンス 巣守金属工業(株) 広島アルミニウム工業(株) 広島駅弁当(株) (株)広島ホームテレビ (株)マザーハウス 丸井産業(株) (株)マルニ木工 (株)ユニバーサルポスト
(株)ザイエンス/巣守金属工業(株)/広島アルミニウム工業(株)/広島駅弁当(株)/(株)広島ホームテレビ/(株)マザーハウス/丸井産業(株)/(株)マルニ木工/(株)ユニバーサルポスト