Pride of Me 私たちが創る未来
パンを通じて
”食卓に幸せを運ぶ”
沼田 二郎
代表取締役社長
蔦原 圭都
広島アンデルセン
プロダクショングループ パン製造チーム
2015年入社
参画企業 
アンデルセングループ
私どもの企業理念の一節に、創業者である高木俊介さんの想いが綴られています。
「私は七年間の戦地勤務を終えて帰還し、この仕事を始めました。創業当時感じていたことは、「生きられる」ということの素晴らしさと、とにかく一流の商売をしよう、おいしいものを作ろう、という一途な気持ちでした。そして本物のパンを焼き、食事の楽しさを家庭で味わっていただくことで、消費者の食生活の向上に何か役に立ちたいと一筋に考え、経営を続けてきました。」
広島で育てて頂いた感謝を胸に、これからも広島から世界中の皆様の食卓に幸せを運びます。
沼田 二郎
Coming soon - 7月以降、順次掲載
蔦原 圭都
食卓に幸せを運ぶ
戦後間もない広島。十分に食べものがない時代でも「おいしいパンを届けたい」と1948年に創業したアンデルセングループ。配給の小麦粉を預かりパンに加工するなど、「食卓に幸せを運ぶ」という理念を掲げ人々の食生活の向上を願ってきた。

Bringing Joy and Happiness to Our Customers' Tables
Hiroshima shortly after World War II. The Andersen Group was founded in 1948 with the aspiration of “offering people truly delicious breads” even during a time of severe food shortages. In taking rationed flour and processing it into bread we sought to live up to our ambition of “bringing joy and happiness to our customer’s tables” while improving their diets and culinary culture.
タカキのパン比治山工場(1953年頃)

The Takaki Bakery Hijiyama Factory (circa 1953)
山型パン(1953年頃)

Round top bread (circa 1953)
被爆後の帝国銀行(1945年)

The Imperial Bank after the atomic bombing (1945)
被爆した建物を広島アンデルセンに(1967年)

The A-bombed building transformed and restored as Hiroshima Andersen (1967)
パンからはじまる、ヒュッゲな暮らし。
銀行として建てられ被爆にも耐えた歴史ある建物で、新しいことを生み出してきた広島アンデルセン。アンデルセングループの旗艦店として、皆さまの日々の暮らしをより心豊かなものにと願い、パン、花、ワイン、デリカテッセン、レストラン、カルチャースクールなどを揃え、パンを楽しむ食文化を発信している。

A Hygge Life that Begins with Bread
In this historic building that survived the atomic bombing and was originally built to house a bank, Hiroshima Andersen developed new creations. As the flagship store of the Andersen Group, we offer breads, flowers, wine, delicatessen items, a restaurant, and cultural lessons, etc., with the hope of enriching the daily lives of people through the enjoyment of bread.
広島アンデルセン

Hiroshima Andersen
リトルマーメイド広島市役所前店

Little Mermaid Hiroshima Shiyakusho-mae shop, in front of the City Hall
アンデルセンサポーレ熱田伏見通り店

Andersen SaPoRe Atsuta Fushimidōri Street shop
タカキベーカリー石窯パンシリーズ

Takaki Bakery’s stone oven baked bread series
商品を売る前に生活を売る
戦後間もない広島で創業し皆さまに育てていただいたアンデルセングループ。この先、100年、200年と、パンを通じて人々の生活のお役に立ち続けることが私たちの願いです。

Promoting Lifestyle Beyond Produts
The Andersen Group founded in Hiroshima shortly after World War II and beloved by the local community and beyond. We will continue to strive to fulfill and enrich the lives of our customers through bread for the next 100 to 200 years.
高木俊介メモリアル アンデルセン芸北100年農場(2004年~)

Takaki Shunsuke Memorial Andersen Geihoku 100-year Farm (2004 to the present)
アンデルセングループ
戦後間もない広島で、パンを通じて”食卓に幸せを運ぶ”ことを志し、創業。
現在、「アンデルセン」「リトルマーメイド」タカキベーカリー」などのブランドでベーカリー事業を展開。
広島市中区鶴見町2-19 ルーテル平和大通りビル
創業
1948年8月1日
電話番号
082-240-9409
WEB
https://www.andersen-group.jp/
復興に尽力した企業に残る80年前からの資料を基に、広島在住のクリエイターの視点を介し復興を感じ取る場「Pride of Hiroshima」の展示を現地でご覧ください。
Divide the footprints of the era related to reconstruction into six categories Please take a look at the "Pride of Hiroshima" exhibition, a place where you can get a sense of the recovery through the perspective of creators living in Hiroshima, based on documents from 80 years ago that remain at companies that worked hard for the recovery.